ジパングカジノは電子マネーを中心とした出金方法に対応しています。
その中の1つであるエコペイズは他のオンラインカジノでも採用されていることが多いため、出金手段として選ばれやすい傾向があります。

今回、このエコペイズについてどんな電子マネーサービスなのか、エコペイズをジパングカジノで用いるメリットとは何なのかについて紹介し、まとめました。
これを読めばきっとジパングカジノの出金手段の一つ、エコペイズについて知ることができるでしょう。
また、エコペイズを利用するにあたっての注意点も紹介します。

ジパングカジノの出金手段の1つであるエコペイズとは

ジパングカジノの出金手段の1つであるエコペイズとは
ジパングカジノで対応している出金手段の1つにエコペイズがあります。
このエコペイズはイギリスの金融グループが運営する電子マネーサービスで、現地イギリスでは親会社がロンドン証券取引所に上場するような大手の企業です。
こういった背景からジパングカジノで利用できる出金サービスとしては、大手の部類に入るサービスと言えるでしょう。
日本円にも対応しているので、日本円で自分の銀行口座に振り込んでくれるのも便利なため、ジパングカジノの出金手段としても使いやすいサービスです。

ジパングカジノでエコペイズを出金手段にするメリット

ジパングカジノでエコペイズを出金手段にするメリット
ジパングカジノでエコペイズを出金手段にするメリットは、他のオンラインカジノでも使えること、簡単な情報入力だけでジパングカジノから出金できること、大手企業なので信用できることです。

エコペイズはジパングカジノをはじめ、様々なオンラインカジノで出金手段や入金手段として使えます。
そのため、他のオンラインカジノからジパングカジノに活動の場を移す場合にも資金の移動が容易です。
同様にジパングカジノで出金して、系列の他のカジノに入金しても遊べるので、便利な出金手段といえます。

簡単な情報入力だけで使えるのもメリットです。
銀行送金などの場合、銀行の口座番号以外にも本店の住所や銀行コード、時に海外送金に必要な番号である SWIFTコードとBICコードを調べて入力する必要もあります。
そういった手間がなくアカウントIDやパスワード、ジパングカジノから出金する金額を入力するだけでできる気軽さがメリットです。

エコペイズは先ほども紹介したように親会社がロンドンの上場企業です。
そのため、不当な理由で出金停止にするといった違法な行為は、まず行いません。
こういった安心感が得られるのもジパングカジノの出金手段として利用するメリットです。

ジパングカジノでエコペイズを出金手段にする注意点

ジパングカジノでエコペイズを出金手段にする注意点
ジパングカジノでエコペイズを出金手段にする際には注意点もいくつかあります。
その注意点とは、身元証明を行わないと出金手段として使えないこと、出金に時間がかかること、手数料が高めなことです。

ほとんどの電子マネー決済サービスはマネーロンダリングなどの犯罪防止の観点から、身元証明を利用者に求めています。
エコペイズも同様に身元証明を実施しており、この証明を行わないと入金しかできない状態のままです。
ただし、使用する証明画像は、ジパングカジノの身元証明で使った運転免許証やパスポートの画像を使うことも可能です。
加えて公共料金のはがきや住民票といった自分の住所を証明できる画像も用意するように注意しましょう。

出金は、即日こちらの銀行口座に振り込まれない場合があることにも注意が必要です。
エコペイズは海外の電子マネー決済サービスのため、日本へは場合によって海外送金という形で送金することがあります。
そのため、日本の銀行に振り込まれるまでに数日以上かかってしまう場合も珍しくありません。
こういったスピードなので、出金手続きをしたのに、指定した銀行口座に入金されずにびっくりすることもありますが、焦らずに待つようにしましょう。

手数料が若干高めな点も注意が必要です。
エコペイズは、イギリスに運営元があります。
そのためユーロで取引されることを前提にサービスを提供しています。
こういった仕組みからエコペイズへジパングカジノから振り込む際もドルからユーロにするため、為替手数料が発生します。
さらに日本の銀行に日本円にして出金する場合は、ユーロから日本円にするために、そこでも手数料が発生してしまうシステムです。
ただ、こういった手数料を減らす手段として大手銀行にユーロの口座を作っておき、そこにエコペイズからの振り込みを受けるようにしておけば、手数料は大幅に減らすことが可能です。

これら3つの注意点がありますが、電子マネーでありがちな注意点なので、そこまで気になる注意点ではありません。
しかし、初めて電子マネーを使ってジパングカジノから出金する場合は注意しましょう。

また、エコペイズの口座のアカウントを放置すると入出金操作を半年間行わなかった場合、自動で口座手数料を支払う仕組みになるという点も注意点といえるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です