日本ではカジノを行っている事自体が違法になっていますから、当然隠れてプレイできるようにする環境を作っています。摘発されている闇カジノは多いとされていて、時には社会的な問題となることもありました。オンラインカジノも闇カジノの近いことが取られているケースもあり、店舗で実際のテーブルではなく、パソコンを利用してゲームをさせていることがあります。

カジノカフェ

店舗型のオンラインカジノとは

日本で行われている店舗型オンラインカジノは、店舗に入るとお金を支払いゲームを行います。実際にオンラインカジノのサイトを利用してゲームが出来るように、課金自体は受け取った段階で行ってくれます。後は使える金額でゲームをプレイさせます。この時に的中が出ている場合はそれをカウントして、残っている金額があるなら払い戻しをその場で行います。
当然ですがこれは違法扱いになります。オンラインカジノ自体が違法に近い処置を取られているのに、それを店舗で提供していることは賭博行為と判断されます。賭博法ではカジノのような店舗を作って利用させることはもちろんですが、店舗でネット上のカジノを利用していることも対象に入っているので、当然違法になります

逮捕されている事例で一番多い

オンラインカジノを利用して賭博行為をさせている方法は、逮捕される可能性が非常に高いことを意味しています。すぐに分かってしまうことが大きなポイントとなっており、警察も監視を容易にできること、何か賭博行為をしているのではないかと勘ぐれるところもあります。そのためこの方法は逮捕される可能性が相当高いとされています。
実際に逮捕されていることが多くあり、摘発事例でも非常に多かったことから、近年はこうした方法を採用することはなくなっています。何度も逮捕されていることがあり、日本では店舗で行っている事自体が悪いと判断されるので、現在は店舗でもオンラインカジノは行わないケースを採用します。

最近多い傾向はこの方法

近年多い傾向としては、オンラインカジノを立ち上げて無差別に利用してもらうような方法です。日本人が海外のサーバーを経由してオンラインカジノを作り、それをプレイしてもらうことで利益を上げることです。
店舗型という概念を外しており、しかも海外にサーバーを置いていることから違法性が低いとうたっていたりします。しかし調べると簡単にわかってしまうので、こちらもオンラインカジノで摘発される事例が出ています。