オンラインカジノの攻略法として有名なのが、負けた分を取り戻すために、負けた後にベット額を倍にしていくマーチンゲール法です。
しかし、マーチンゲール法とは逆に勝ったときにベット額を倍にしていく「パーレイ法」という攻略法もあります。
今回は、パーレイ法の使い方やメリット、デメリットなどについて解説します。

パーレイ法とは?

パーレイ法は、「逆マーチンゲール法」と呼ばれている方法です。
マーチンゲール法は、負けたときにベット額を倍にしていきますが、パーレイ法は勝ったときにベット額を倍にします。
パーレイ法の勝率は50%で、配当が2倍のゲームで使用できる方法なので、バカラやブラックジャックなどに用いられます。
また、パーレイ法には連勝すればするほど大金をゲットすることができる特徴があります。

パーレイ法のメリット

パーレイ法のメリット
パーレイ法のメリットは、短期間で稼げることです。
連勝が続けば続くほど、利益はどんどん膨れ上がっていきます。
コツコツ利益を積み重ねる方法もありますが、一気に大金を稼ぎたいという場合にはパーレイ法がオススメです。

パーレイ法のデメリット

パーレイ法のデメリット
パーレイ法のデメリットは、どんなに連勝し続けたとしても、1回負けたら利益がなくなってしまうことです。
勝ち続けても負ける時は来るので、パーレイ法を止めるタイミングを見極めることも大切です。

パーレイ法の賭け方

パーレイ法の賭け方は簡単で、勝ったときにベット額を倍にしていき、負けたときにはリセットして最初に戻るという手順の繰返しです。
では、手順をもっと詳しく見ていきましょう。

①利益を確定させるために連勝回数を決めます。
「3回連勝したらリセット」、「4回連勝したらリセット」というような感じです。
パーレイ法を使う上で、連勝回数を決めることは一番大事なポイントです。

②初回にベットする額を決めます。

③勝敗によって次のゲームでベットする額を変えます。
先ほども説明した通り、勝った場合は倍の額を賭け、負けた場合は初回のベット額に戻ります。

パーレイ法を成功させるコツ

パーレイ法を成功させるコツ
①どこでやめるかが大事
パーレイ法を成功させるためには、パーレイ法をやめるタイミングが大事です。
例えば、「3回連勝したら一旦やめて利益を確定する」というようにあらかじめ決めておくのがオススメです。

②ゲームの流れをしっかり読む
例えば、ブラックジャックで良いカードの流れがきたときには、パーレイ法を使って利益を増やすことができますが、もしも自分が負けそうと感じたら、早めに逃げることも1つの手段です。

パーレイ法の成功率を上げるには

パーレイ法の成功率を上げるためには、連勝する環境をできるだけ多く作ることが大事です。
オンラインカジノには、勝率が高い攻略法があり、パーレイ法と組み合わせることによって、パーレイ法の効果が出やすくなります。
例えば、ルーレットを使用するときには、「ダブルストリート5ベット法」とパーレイ法を組み合わせるのがオススメです。
このダブルストリート5ベット法は、ルーレットでのみ使用できる攻略法で、勝率は81%です。
「ダブルストリート」1ヶ所にベットしたことにより、6つの数字に賭けたことになります。
同じように5ヶ所にベットすると、「6つの数字」×「5ヶ所」=30個の数字にベットしたことになります。
しかし、ダブルストリート5ベット法のみの場合、1回勝利したときの配当は20%です。
このままでは5回に1回の割合で負けてしまい、収支がマイナスになってしまうので、パーレイ法を使います。
ダブルストリート5ベット法を使って負けてしまう前に、パーレイ法で利益を確定しておきましょう。

パーレイ法の注意点

①有効なゲームを選ぶ
パーレイ法を使うときには、パーレイ法が有効なゲームを選びましょう。
パーレイ法の場合、勝率が約50%で2倍配当のゲームを選ぶのが良いです。
ルーレットを使用するときには、「奇数or偶数」「赤or黒」などの場所にベットする際に、パーレイ法が使えます。
パーレイ法と相性が良いとされるゲームは以下の通りです。
・ルーレット(勝率50%、配当2倍)
・ブラックジャック(勝率50%、配当2倍)
・バカラ(勝率50%、配当2倍)

②1回負けると利益がなくなる
パーレイ法で注意しなければならないのは、どんなに利益が大きく出ていても、1回負けてしまうと利益がなくなってしまう特徴があることです。
連勝していくうちは利益は大きくなっていきますが、勝ったら次のゲームでベット額を2倍にしていきます。
そのため、今までの利益をすべて投入するということになります。

③自分の意志を貫けるかが大事
パーレイ法で勝つためには、精神力の強さが大事です。
何回か連勝したらリセットして、利益を確定させることがパーレイ法のポイントになりますが、勝ちが続くと「次のゲームで勝つと・・・」と考えて、つい欲が出てしまいがちです。
しかし、万が一負けてしまうと利益を失うことになるので、最初に決めた連勝回数を守るという意志を持ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です