オンラインカジノの入出金手段「ネッテラー」について

オンラインカジノにはいくつも入出金手段がありますが、中でも特に便利なのが電子決済サービスです。
これは、オンライン上に財布を作成するようなものです。

そうすることによって、オンラインカジノであれば、決済で入出金の両方が可能となっているサービスとなっています。
一つの口座で管理ができるとても便利なシステムで、複数のオンラインカジノの決済を一本化出来るということで、推奨されていました。

そんな電子決済サービスの一つとして、オンラインカジノでは過去に「ネッテラー」と呼ばれる電子決済サービスが主に採用されていたのです。
しかし、2016年にネッテラーはギャンブルでの利用が停止されてしまいました。

ネッテラーはこのように2016年から日本国内で事実上の撤退となってしまったのですが、そんなネッテラーはどのようなサービスだったのでしょうか。
具体的にご紹介をしたいと思います。

ネッテラーの特徴とは?どんな入出金手段?

オンラインカジノの入出金手段としてのネッテラーは非常に優れたサービスでした。
オンラインカジノを含め、ショッピングやその他FXなどの取引で使用されてきた電子決済サービスで、利便性が高いサービスとして多くのオンラインカジノでも導入されていました。

ネッテラーはオンライン上に口座を作成することで、入出金のどちらもが可能で、オンラインカジノに複数登録をしていても、一括で管理が出来るというものです。
そんなネッテラーは世界中200カ国以上で使われています。
現在も、電子決済サービスとしては知名度があり、ロンドンの株式市場でも上場しているイギリスの運営会社が運営をしており、多くの人が利用をしています。

ネッテラーは、このように電子決済サービスとしてサービスには定評があり、多くのオンラインカジノで採用されていました。
しかし、2016年にギャンブルの使用が停止とされることになり、日本から撤退されてしまったのです。
とはいえ、現在でもネッテラーのサービスそのものが停止されてしまったわけではなく、公式サイトは存在しています。

また、日本と同様、アメリカやその他の海外のいくつかの国でも撤退しています。

ネッテラーが日本から撤退した理由にはどんな理由がある?

2016年にネッテラーは日本国内からは正式に撤退をすることになり、ギャンブルでの使用ができなくなりました。

ネッテラーが撤退したのには、理由がいくつか考えられますが、公式で発表されてはおらずさまざまな理由が考えられます。
しかし、その一つの理由として、日本国内でのオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたニュースが原因になっているのではないかと考えられています。

日本国内では、オンラインカジノは違法でもなければ合法でもないというグレーゾーン的な位置づけとなっていますが、一時期逮捕者が出てしまったことがあります。
ネッテラー側としては、逮捕されてしまったプレイヤーが出たという事実から、決済手段として罰せられる可能性があることを避けたいと考えたのかもしれません。

日本国内においてオンラインカジノは正式に認められているというわけではありません。
結果的にこのプレイヤーは不起訴処分となったのですが、こういったニュースや、金融庁の動きなどを見て、判断されたのではないかと考えられています。

ネッテラーについては、非常に優れた利便性の高いサービスだあったので、当時は撤退が決まったときにはショッキングなニュースとして話題となりました。

ネッテラーの代わりの入出金手段はある?

オンラインカジノの入出金手段ですが、ネッテラーの代わりの入出金手段はあるのかと考える方も多いです。
しかし、ネッテラーが撤退してからはオンラインカジノは、別の電子決済サービスに対応をしていますので、遊ぶ際にプレイヤーが心配をする必要がありません。

現在では、「エコペイズ」「アイウォレット」といった電子決済サービスがオンラインカジノでの主流なサービスとなっています。
実際に日本語対応の大手のカジノは、これらの電子決済サービスに対応をしていて、アカウントの開設を勧めています。
これらの決済サービスは日本語対応が進んでいて、登録の際も完全に日本語で問題はありませんし、ネッテラー同様に世界中で使用されているサービスです。
安全性や信頼性もピカイチで、ショッピングでも使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です